パッシブデザイン


パッシブデザインとは


太陽の熱、光、風、水などの自然の力を最大限に生かし、
省エネルギーでこことよい暮らしを実現するための工夫です。
土地によって異なる気候条件を読み解き、「夏は涼しい」「冬は暖かい」お家を実現します。
四季と一緒に❝ここちよさ❞を感じる。光熱費を抑えながら、健康・快適な住まい、
それがパッシブデザインの目指す家づくりです。
 

5つの基本要素

①断熱



足元までぽかぽかのお部屋

断熱・気密がしっかりしていないと、暖房をかけても部屋全体が暖まらず、家の外へ熱が逃げていってしまいます。

断熱性能の高い住宅は、外気温の影響を受けにくく部屋間の温度差も小さいため、ヒートショックの心配も少なくなります。

家から逃げる熱を抑えることは、少ないエネルギーで効率よく部屋全体を暖めることができ、光熱費削減につながります。

②日射遮蔽



冷房をかけ過ぎなくても過ごしやすい

お日さまの熱は家の中に入ると、熱に変わってしまいます。入った熱はこもってしまい、熱中症の危険性も大きくなります。

夏は高い位置からお日さまが差し込みますので、軒などで遮ることにより室内に入る熱を防ぐことができます。

室内での熱中症になるリスクはとても高く、お日さまに熱を室内に入れないことが重要です。

③日射熱利用暖房



お日さまがいっぱい入った部屋はほんわか暖かい

冬のお日さまは、室内にたくさん入ることで、暖房機器の代わりになるほどのパワーがあります。

断熱性能の高い住宅では昼間にたくさんお日さまを取り込み、夜まで暖かさを保つことが可能です。

自然の力で光熱費削減もでき、厚着することなく、快適に過ごすことができます。

④通風



すがすがしい風を感じてリラックス

冬のお日さまは、室内にたくさん入ることで、暖房機器の代わりになるほどのパワーがあります。

断熱性能の高い住宅では昼間にたくさんお日さまを取り込み、夜まで暖かさを保つことが可能です。

風の通り道を作ることによって、家の中を風が抜けていきます。

窓を適切に配置することによって、外の風をつかまえて家の中に入れることもできます。

いつも爽やかな自然の風が感じられ、過ごしやす時期をより快適にします。

⑤採光



自然の光を取り入れてどの部屋も明るく

直射日光だけでなく、反射光も利用して、家の中をできるだけ明るい空間になるよう光を導きます。

ガラスタイプのドアやルーバータイプのドアを設置し、明るい部屋から光を運べばどの部屋も光に満たされます。