TRETTIO VALO 【平屋】

住む人のライフステージを住空間の焦点に


時代とともに、人々の住まいや暮らし方は変わっていきますが、

より良い暮らしの本質は変わりません。

冬が長い北欧では、長時間を室内で快適に過ごせるように、

住まいのデザインに多くの工夫が施されています。

TRETTIOはそんな北欧の考え方をお手本に、

自分たちらしいライフスタイルのため、

シンプルだけど無駄のないデザインと、

自然素材を多く取り入れた空間をお届けしています。

「TRETTIO VALO」は、暮らしの質の向上を基本とし、

よりシンプルで豊かな空間を創造することが可能です。

私たちは家で過ごす時間をもう一度見直すことで、

これからの時代に沿った新しい暮らし方を提案します。




《 2階建てをお考えの方はこちらへ 》

 

1F








2F(ロフト)

 

【玄関】

すっきりとした空間が奥へと続く通り土間。

自転車屋アウトドアの収納、趣味の道具のメンテナンスなど

住む人が自由に使えるフリースペースとしても使えます。

基本尺は白ですが、壁の一面だけをグレーのアクセントクロスにすることで

スタイリッシュと上品さをプラス。

600角の大判タイルで高級感をプラス。

無垢の床との組み合わせで落ち着いた印象に。



【LDK】

くつろぎと安らぎをテーマに低く抑えられた天井。

ダイニングの一部を勾配天井にすることで

部屋の奥行き感と開放感がプラス。

部屋の雰囲気が大きく変わります。


【キッチン】

キッチンを壁から離すことで、

どちらからでも回り込める「自由な生活同線」を確保。

開放的なので、家族で一緒に調理したり、

ホームパーティーをしたりとコミュニケーションの取りやすいキッチン。

壁に囲まれないからこその「見せるキッチン」を演出。



【リビング】

素材や色を統一した内装ですが、アクセントになる部分も必要。

無彩色を基調として内装ですが、

光が沢山入る事で冷たい印象にならず、温かい空間になりました。

【ダイニング】

南面にはFIX窓とウッドデッキへ続くドアの連窓。

気持ち良い一日をスタートさせる為の明るい空間です。

デザイン性の高いペンダントで北欧インテリアに個性をプラス。

ダイニングテーブルを横付けしたことで、食事の配膳や片付けがスムーズに。

家事をしながら子供の宿題を一緒に見てあげたり、

パソコンや資料を置いてワークスペースとして使ったり。

家族の集まる場所、家の中心になるダイニングスペースです。


【寝室】

温もりを感じるコーディネートで、リラックス出来る空間を演出。


北欧のインテリアは日本人にもしっくりくる要素がいっぱい。


【子供室】

小さいうちは広いプレイルームとして使い、

将来個室が必要となった時は部屋を壁で区切れる様にしました。

子供達が巣立ってからもずっと住み続けるマイホームだからこそ

柔軟に活用出来る工夫をしています。


【ロフト】

本来であれば屋根裏となってしまう

デッドスペースを使って、子供の遊び場に。

他にも趣味の部屋や書斎としてなど、

アイデア次第で色んな使い方が出来ます。

【洗面】

間仕切りのない空間なので、LDKに雰囲気を合わせたシンプルなデザイン。

水はねを考慮しつつ空間のアクセントともなるモザイクタイルタイル。

ユーティリティーと脱衣室はそれぞれ独立したスペースを設けて、

家族内のプライバシーと動線を配慮。

ノスタルジックなデザインのモザイクタイルは、

北欧のインテリアとピッタリ。


【外観】

VALOはフィンランド語で『光』という意味。

さりげない個性が息づく無機質なOBOROと

スタイリッシュなガルバリウムは、シンプルだけど飽きのこない外観に。